令和3年8月前線に伴う大雨について(第4報)

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

 

令和3年8月前線に伴う九州地方整備局管内の一級水系の雨量、水位情報、治水事業、下水道事業の効果等について

 令和3年8月11日から19日頃まで降り続いた前線に伴う降雨。8月14日には、特に九州北部地方で非常に激しい雨が観測され、長崎県、佐賀県、福岡県に大雨特別警報が発表されました。
 この降雨による雨量、水位情報、治水事業の効果等をとりまとめ発表しましたが、今回、第4報として八代市の下水道事業における効果について追加しました。
 

添付資料

 記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

国土交通省 九州地方整備局 河川部 

全体・河川事業について(発表資料p1?p42)
   河川部 河川計画課長 山上 直人(やまがみ なおと)(内線:3611)
       建設専門官  古賀 満(こが みつる)(内線:3616)
 

下水道事業について(発表資料p43)
   建政部 都市整備課長 若山 恭輔(わかやま きょうすけ)(内線:6161)
       建設専門官  小野 栄二(おの えいじ)(内線:6163)
     電話:092-471-6331(代表)

※本資料の数値は、速報値及び暫定値であるため、今後の調査で変わる可能性があります

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ