立野ダム建設予定地周辺は「阿蘇くじゅう国立公園」内に位置するため、自然環境や動植物への影響を極力小さくなるように配慮しながら事業を実施しています。また、工事によって動植物が棲みにくくならないようにするため、専門家の意見を参考にした工夫を各所で行っています。

環境調査の実施

立野ダム建設事業においては、周辺環境の実態把握のために鳥類調査や魚類調査、昆虫類調査、植物調査等様々な調査を継続的に実施しています。

01_01

環境保全検討委員会

立野ダムは、「阿蘇くじゅう国立公園」内に位置し、周辺には国の天然記念物に指定されている「阿蘇北向谷原始林」をはじめとした良好な自然環境が残っています。そこで、できるだけ良好な環境の保全を図りつつダム事業を実施することは重要であり、地域の豊かな自然環境と共生したダムづくりを目指して、有識者からなる「立野ダム環境保全検討委員会」を設立し、環境影響の予測や影響の回避・低減等の検討を行い、工事に反映していきます。

01_02

工事個所における環境への配慮

工事においては、動物の移動路を確保する工夫を行ったり、法面の緑化を行う際には現地の植物の種子を採取し行うなど、動植物へ配慮した工事を行っています。また、動物への視覚刺激を軽減させるために、ガードレールの色にも配慮しています。

01_03

環境巡視

環境の専門家により事業区域内を定期的に巡視し、事業による環境の変化を見ています。また、工事箇所において環境に十分に配慮しながら工事を行っているかのチェックや指導を行っています。

01_04

立野ダム環境レポート

「環境レポート」とは、ダム建設事業における環境影響を総合的に評価してとりまとめたもので、そのとりまとめにあたっては、環境に関する有識者で組織された「立野ダム環境保全検討委員会」の指導を受けて進めております。  今後、立野ダムに関する環境レポートは、内容を集約した概要版を「立野ダム事業における環境保全への取り組み」として、当サイトよりダウンロードできるようにすることにしています。

top_button