沿革

年月日  
昭和19年9月 洪水(台風16号)による浸水被害発生
昭和22年1月 山国川調査事務所設置(内務省九州土木出張所)
昭和23年8月 山国川直轄河川編入
昭和23年10月 山国川改修準備事務所設置
昭和23年12月 山国川工事事務所設置(改称)
昭和25年7月 ダム調査開始
昭和31年5月 ダム予備調査(大分県、建設省)
昭和39年7月 大分工事事務所に統合
昭和45年5月 柿坂ダム調査事務所設置
昭和47年5月 耶馬渓ダム工事事務所設置(改称)
昭和49年2月 基本計画(耶馬ダム)の告示
昭和50年4月 予備調査(堰)着手
昭和53年1月 耶馬渓ダム本体工事着工
昭和58年4月 実施計画(堰)調査着手
昭和60年3月 耶馬渓ダム竣工
昭和60年4月 建設事業(堰)に着手
昭和60年4月 耶馬渓ダム管理所発足
昭和62年3月 基本計画(堰)告示
昭和62年9月 建設工事(堰)に着手
昭和63年4月 山国川直轄管理区間延伸
平成2年11月 平成大堰竣工
平成3年4月 山国川ダム・堰統合管理事務所開設
平成15年4月 山国川河川事務所へ改称
平成18年9月 山国川水系河川整備基本方針策定
平成22年10月 山国川水系河川整備計画策定
平成22年11月 山国川直轄河川改修事業再評価(継続)
平成25年8月 山国川水系河川整備計画変更

洪水の浸水の様子
(昭和19年9月)

耶馬渓ダム建設工事
(昭和57年5月)

平成大堰二期工事
(平成2年2月)

このページのトップへ

(C)国土交通省 九州地方整備局 山国川河川事務所. All Rights Reserved.