東櫛原引堤事業

東櫛原大規模引堤事業

場所 福岡県久留米市東櫛原町地先
工期 昭和41年度~平成5年度
総事業費 13,270百万円
築堤 417,600m3
橋梁架替 4橋(久留米大橋、宮ノ陣橋、小森野橋、西鉄大牟田線鉄道橋)

旧堤は旧計画高水流量 5,000m3/secに対する暫定断面の堤防高で施工されていたが、昭和28年6月の大洪水を契機として、昭和32年流過能力の増大を図るため、瀬ノ下計画高水流量を6,500m3/secに改訂し、当該地点の流量6,300m3/secを安全に流過させるため引堤することとなった。用地買収は当地区が都市周辺のため用地取得は困難をきわめた。

引堤工事中:左側
引堤工事中:左側
現在:下流から望む
現在:下流から望む

(C)国土交通省 九州地方整備局 筑後川河川事務所. All Rights Reserved.