防災の心得

いつ襲い来るか分からない災害。突然の災害の際に落ち着いて行動するには、日頃からの備えと防災に対する意識が重要です。

天気予報や河川情報に注意しておこう!

梅雨や台風の季節には、テレビ・ラジオ・インターネット・新聞などの天気情報や河川情報などに注意しましょう。

身の回りの水害の危険性を確認しておこう!

「ハザードマップ」や「はん濫シミュレーション」などで自宅付近の地盤の高さを確認し、水害が発生したときの浸水の深さを知っておきましょう。

避難場所やルートを確認しておこう!

避難する場所や、そこに行くまでの安全な道順を、「ハザードマップ」で確認したり、実際に歩いて覚えておきましょう。

非常食・持ち出し品の準備を!

非常食や飲み水、懐中電灯、携帯ラジオ、乾電池などを事前に準備しておきましょう。避難所での供給にも限りはあります。最低3日分の水と食料は自分で用意しておきましょう。

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 武雄河川事務所 嘉瀬川ダム管理支所. All Rights Reserved.