ストック効果(3):観光振興

新たな周遊観光ルート形成を支援します!

  • クルーズ船が寄港する油津港においては、寄港乗客総数が平成25年度から4年間で約34倍に増加しています。
  • 東九州自動車道の整備により、油津港からの90分圏域が約15%拡大するため、えびの高原や高千穂牧場などが新たに圏域となり、観光周遊ルートが拡大することで、観光振興による地域活性化が期待されています。

宮崎県南地域には魅力的な観光資源が豊富

油津港クルーズ船寄港状況

<クルーズ船寄港回数の推移>
<クルーズ船寄港回数の推移>

<クルーズ船寄港乗客数の推移>
<クルーズ船寄港乗客数の推移>

資料:H28年10月ヒアリング調査結果、宮崎県ポートセールス協議会、九州クルーズ振興協議会

東九州道周辺の主要観光地域とランドツアー状況

<クルーズ船の主なバスツアー訪問先と油津港からの時間圏域>
<クルーズ船の主なバスツアー訪問先と油津港からの時間圏域>
資料:時間圏:プローブデータ H28.3~H29.2 平日12h平均値
※90分圏(バスツアー片道所要時間目安)

写真

油津港の整備状況

22万トン級クルーズ船受入に向け既存岸壁を有効活用した整備を実施

22万トン級クルーズ船受入に向け 既存岸壁を有効活用した整備を実施

日南市観光協会のコメント

  • 現在、油津港では22万トン級受け入れに向けた整備も行っており、受け入れた場合、1隻で最大5千人以上の乗客が見込めます。
  • 東九州道が整備されれば、新たなツアーも形成でき、クルーズ船の寄港地として魅力が向上することから、誘致にもはずみがつき、更なる観光地や商店街などの地域活性化が期待できます。

資料:H30.1 ヒアリング結果より

クルーズ船ツアー会社のコメント

  • 現在、油津港からのツアーは、片道90分を目途に、観光地を3箇所程度にして、時間に余裕がなく組んでいます。
  • 東九州道が整備されれば、えびの高原や高千穂牧場まで行けたり、ツアー先での滞在時間を長く取れ、時間的に余裕のあるツアーが組めることが期待できます。

資料:H30.1 ヒアリング結果より


【担当課:調査第二課】

Copyright (c) 宮崎河川国道事務所 .All Rights Reserved.