Logo

水防災意識社会の再構築へ!
「防災・減災 九州」

水防災意識社会 再構築ビジョン

国土交通省では、関東・東北豪雨を踏まえ、新たに「水防災意識社会 再構築ビジョン」として、全ての直轄河川とその沿川市町村(109水系、730市町村)において、平成32年度目途に水防災意識社会を再構築する取組を行っています。

ソフト対策

住民が自らリスクを察知し主体的に避難できるよう、より実効性のある「住民目線のソフト対策」へ転換。

ハード対策

「洪水氾濫を未然に防ぐ対策」に加え、氾濫が発生した場合にも被害を軽減する「危機管理型ハード対策」を導入。

新着情報

水防災意識社会再構築ビジョン紹介映像

※ファイルサイズにご注意ください(223.8MB)
PC以外では、再生されるまでに時間がかかる場合があります。
低解像度版(64MB)はこちら >


取り組み事例


各河川 協議会HP