国土交通省九州地方整備局 国営海の中道海浜公園事務所

文字サイズ

森の池エリアの整備

整備の背景

 当公園では、平成10年に策定した「環境共生計画」に基づき、白砂青松の保全・創出、「環境共生の森」の整備、植物廃材の堆肥化や環境学習の実施等、本公園が環境教育の取り組み拠点となるように努めてきました。

 森の池は面積約50ha(ヤフオクドーム約3個分)、大半がクロマツを主体とする林ですが、地下水位の上昇によって中央部に不定期に現れる「幻の池」を活かし、自然散策や自然観察を楽しむことができる空間をつくるための整備を行っています。

幻の池とは?

通常時
通常時
幻の池出現時
幻の池出現時

整備内容

 散策路の整備、デッキや休憩施設の整備を行うことで、松林における管理体験、幻の池における散策・自然観察、雑木林における環境学習としての利用が可能となります。

整備内容イメージ

協議会

 「森の池利活用協議会」メンバー募集 

 海の中道海浜公園では、2020年開園予定の「森の池」において、市民の皆様と管理者が協働で運営・管理を行うことを目的とした「森の池利活用協議会」のメンバーを募集します。公園づくりに関心がある方や公園で趣味を活かしたい方や、全く違う分野の方も一緒に「森の池」を守り、活かしていきませんか。

       ・詳細  ・応募用紙     

事前説明会参加者募集 

 「森の池利活用協議会」の取組内容や体制等について、事前説明会を行います。興味がある方はぜひご参加ください。

 ・詳細  ・応募用紙     

ページ上部へ戻る