現在・そしてこれから

失われた緑の復元

卒業の森

失われた緑の復元は、島原に住む人たちの願いです。島原半島の高校を卒業する生徒による卒業記念植樹・育樹が、平成11年より島原市千本木砂防指定地内で継続的に行われています。この活動は毎年2〜3月頃、噴火災害で焼失した雲仙の森に緑を蘇らせようということで、「雲仙百年の森づくりの会」の主催で行われています。

平成26年度は約570人の生徒が参加し、地元で採取した樹木の種から育てた苗木1,500本を植樹しました。また、過去に植樹した場所の下草刈り(育樹)も行いました。

下草刈りの状況

下草刈りの状況

高校生の植樹活動

高校生の植樹活動


安中梅林

平成12年より、安中地区まちづくり推進協議会とNPO島原普賢会、島原市立第五小学校が安中梅の復活を目指した植樹をしています。水無川導流堤沿いに植樹した安中梅は、平成22年に目標の1,000本に達し、記念植樹を行いました。 現在は、安中まちづくり推進協議会が市と協働で維持管理を実施し、育樹に力を入れています。

梅の植樹活動

梅の植樹活動

安中梅の状況

安中梅の状況


  • 島原半島防災WEB図書館 記録・資料
  • ライブカメラ(現在の普賢岳や水無川等の様子が見られます)
  • 災害画像集(平成の噴火災害がわかります)
  • 無人化施工(それは雲仙から始まった)
  • 砂防指定地利活用ルール(火山との共生を目指して)
  • 溶岩ドーム (溶岩ドームに関する委員会資料など)
  • 道路事業(平成24年10月より長崎県に移管)
  • 大野木場砂防監視所
  • インフラストックツアー
  • 島原大変記
  • 砂防用語集
  • 地域の元気は九州の元気
  • 溶岩ドームの状況
  • 防災教育
  • ストック効果
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報御
  • 九州防災・災害情報アーカイブ

このページのTOPへ