現在・そしてこれから

砂防指定地の利活用

われん川の整備

1792年の寛政の噴火の際に出来た地割れから水が湧き出したのが「われん川」の始まりと言われ、近隣の住民が川にビールやスイカを入れて冷やしたり、野菜や洗濯物の洗い場として利用するなど、生活に溶け込んでいました。水無川導流堤の建設用地内となった“われん川”の保存を求める要望書が住民から提出され、住民主体で整備計画が作成されました。

この計画に基づき、整備の段階より地元住民が参加していただき、水路や池に土や石を敷き詰めたり、飛び石や中洲を造るなど自らの手によって“われん川”の整備を行いました。われん川の川づくりは、平成14年3月に完成し、地元住民によって除草などの維持管理がなされ、地域の憩いの場や子供達の学習の場として利用されています。

住民による川づくり(撮影 DEITZ)

住民による川づくり(撮影 DEITZ)

われん川の現在の利用状況

われん川の現在の利用状況


  • 島原半島防災WEB図書館 記録・資料
  • ライブカメラ(現在の普賢岳や水無川等の様子が見られます)
  • 災害画像集(平成の噴火災害がわかります)
  • 無人化施工(それは雲仙から始まった)
  • 砂防指定地利活用ルール(火山との共生を目指して)
  • 溶岩ドーム (溶岩ドームに関する委員会資料など)
  • 道路事業(平成24年10月より長崎県に移管)
  • 大野木場砂防監視所
  • インフラストックツアー
  • 島原大変記
  • 砂防用語集
  • 地域の元気は九州の元気
  • 溶岩ドームの状況
  • 防災教育
  • ストック効果
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報御
  • 九州防災・災害情報アーカイブ

次へ このページのTOPへ