Facebookでシェア
twitterでシェア

無電柱化の推進

「防災」、「安全・快適」、「景観・観光」の向上

道路の防災性の向上、安全で快適な通行 空間の確保、良好な景観の形成、情報通信ネットワークの信頼性の向上、観光振興等の観点から無電柱化を推進しています。

【現在の無電柱化の動向】

無電柱化法第7条の規定に基づき、関係省庁との協議や関係事業者への意見聴取等を経て、法施工後初めてとなる平成30年4月「無電柱化推進計画」が策定されました。

・防災、安全・円滑な交通の確保、景観形成・観光振興等の観点から、無電柱化の必要性の高い道路について重点的に推進することとしており、平成30年度からの3年間で1400kmの新たな無電柱化の着手を目標にしています。(第7期無電柱化推進計画)

・また、防災・減災・国土強靭化のための3か年緊急対策として、電柱倒壊の危険性が高い市街地の緊急輸送道路(約1万km)において、令和2年度までに災害拠点へのアクセスルートのうち約1000kmについて工事着手(地元調整等を完了)することを目標にしています。(インフラ緊急点検)

 

管内において、22.3kmの電線類地中化の整備が完了しており、現在、福岡市、久留米市、糸島市、大牟田市、大川市、筑後市において約12.8kmが事業中です。

 

     

 

無電柱化にあわせて自転車走行空間を整備

 

国道3号香椎参道口交差点~名島橋東交差点間の約2kmにおいては、自転車と歩行者の交通量が約3,400台・人/12hと多い状況です(自転車:1,600台・人/12h、歩行者:1,800台・人/12h)。

当区間は自転車と歩行者が混在しており、特に上り線側の歩道は狭いため、自転車と歩行者のすれ違いが厳しい状況です。また一方、車道部は6車線に約7万台/日と自動車交通量も多く、自転車に対する対策が必要です。

このため、地域の防災や景観形成等のために進めている当該区間の無電柱化にあわせて、自転車通行空間を整備します。

電線共同溝事業

電線共同溝 事業箇所図

【平成31年4月作成】

 

更新日:令和3年5月17日

    カテゴリーメニュー

    ページのトップへ