維持・修繕事業

道路の維持管理

道路維持管理

これまでは、快適な道路環境を保つために、舗装修繕に代表されるように走行安全性の管理に努めてきましたが、厳しい道路維持管理予算の状況の中、全国統一の基準を基に九州地方の地域条件(気候・地形など)を踏まえ、安全・安心な道路環境の確保を最優先に実施します。

道路メンテナンス総力戦

迫り来るインフラ老朽化の波

道路維持管理の取り組み

巡回、清掃、除草、剪定、橋梁補修、トンネル補修、防災対策、橋梁の耐震補強、舗装修繕、道路の除雪作業、道路設備の点検補修など、道路維持管理計画により、実施しています。

1.道路維持管理の目的 2.道路維持管理の現状 3.道路維持管理の方針 4.直轄管理の道路施設
5.維持管理業務の流れ 6.道路の維持管理 7.道路の維持補修  

また、東日本大震災の影響により、電力需給の逼迫が予想されることやエネルギー資源確保の観点から、道路利用者の安全を確保した上で、支障のない箇所を対象に道路照明灯の消灯・トンネル照明の調光を行っています。(記者発表資料)
これまでと比べて明暗の差を感じる場合がありますので、安全には十分注意して走行していただきますようお願い致します。

リンク集(九州地方整備局のHPへリンク)

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 長崎河川国道事務所.All Rights Reserved.