本明川水系流域治水協議会

  本明川水系流域治水プロジェクト

河川管理者が主体となって行う治水対策に加え、氾濫域も含めて一つの流域として捉え、その河川流域全体のあらゆる関係者が協働し、流域全体で水害を軽減させる治水対策「流域治水」へ取り組むため、本明川水系流域治水プロジェクトを策定し取組を進めています。 

  本明川水系流域治水プロジェクト (R4.3月更新)

 

○協議会設立の背景

令和元年東日本台風をはじめとした近年の激甚な水害や、気候変動による水害の激甚化・頻発化が懸念されます。そのため、本明川流域においても、あらゆる関係者が協働して流域全体で水害を軽減させる治水対策、「流域治水」を計画的に推進するための協議・情報共有を行うことを目的とした「本明川水系流域治水協議会」を設置しました。

                                          

    第3回 協議会 令和4年2月14日                   

                                            

議事次第・名簿

 【資料-1】流域治水プロジェクト×グリーンインフラについて

 【資料-2】流域治水プロジェクト変更・追加進捗状況について

 【資料-3】流域治水プロジェクト×グリーンインフラ フォローアップ公表資料(案)

 【資料-4】本明川流域治水協議会 規約 ー R3改正案

議事概要

 

    本明川水系流域治水プロジェクト【最終とりまとめ】                   

                                            

本明川水系流域治水プロジェクト【最終とりまとめ】(令和3年3月)

 

    第2回 協議会 令和3年3月10日                   

                                            

議事次第・名簿・座席表

【資料ー1】これまでの取り組みの概要について

【資料ー2】流域治水プロジェクトの進め方について

【資料ー3】規約の改正について

【資料ー4】本明川水系流域治水プロジェクト最終とりまとめ(案)について

【資料ー5】プロジェクトの説明資料について

議事概要

                                            

    第1回 協議会 書面開催                   

                                            

議事次第・名簿

【資料ー1】本明川水系流域治水協議会 規約(案)

資料ー2】流域治水プロジェクトの経緯

資料ー3】本明川における水害リスクと流域治水の事例について

【資料ー4】本明川水系流域治水プロジェクト 中間とりまとめ(案)

【資料ー5】今後のスケジュール

概要議事(主な意見)

                                            

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 長崎河川国道事務所.All Rights Reserved.