現在・そしてこれから

防災情報等の発信

大野木場監視所

大野木場監視所(愛称:大野木場砂防みらい館)

大野木場監視所(愛称:大野木場砂防みらい館)

平成14年9月15日、雲仙・普賢岳の溶岩ドームの監視、工事従事者などの避難場所の確保、緊急時の無人化操作室の確保及び火山砂防の広報という4つの機能をもつ『大野木場監視所(愛称:大野木場砂防みらい館)』が開館しました。

大野木場監視所では、雲仙・普賢岳の噴火前の様子、噴火中の火砕流や土石流の様子、溶岩ドームの現在の状況など写真パネルや映像の展示があるほか、展望所から普賢岳や火砕流の堆積状況などの火山活動の実物を間近で見ることができます。旧大野木場小学校に併設されており、平成3年9月15日に被災した校舎の内外の様子を見ることができ、自然の力の凄まじさを実感することができる施設となっています。


大野木場監視所

館内のご案内

周辺地図・ご案内

パンフレット

パンフレット(英語版)


  • 島原半島防災WEB図書館 記録・資料
  • ライブカメラ(現在の普賢岳や水無川等の様子が見られます)
  • 災害画像集(平成の噴火災害がわかります)
  • 無人化施工(それは雲仙から始まった)
  • 砂防指定地利活用ルール(火山との共生を目指して)
  • 溶岩ドーム (溶岩ドームに関する委員会資料など)
  • 道路事業(平成24年10月より長崎県に移管)
  • 大野木場砂防監視所
  • 草刈り
  • 島原大変記
  • 砂防用語集
  • 地域の元気は九州の元気
  • 溶岩ドームの状況
  • 防災教育
  • ストック効果
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報御
  • 九州防災・災害情報アーカイブ

次へ このページのTOPへ