国道205号東彼杵町 法面崩壊箇所応急復旧作業の開始について【第2報】

記者発表(国道205号 東彼杵(ひがしそのぎ) 法面崩壊箇所応急復旧作業の開始について【第2報】)

〇国道205号東彼杵郡(ひがしそのぎぐん)東彼杵町(ひがしそのぎちょう)蔵本(くらもと)(ごう)において、7月6日の異常降雨により発生した法面崩壊箇所については、専門家の調査が完了し、

本日14時00分より応急復旧作業に着手します。

 ◇被災箇所 : 国道205号 東彼杵郡東彼杵町蔵本郷(添付資料のとおり)

   ◇規制状況 : 佐世保方面(上り) 片側1車線規制(片側交互通行)

   ◇被災状況 : 法面崩壊 高さ 約10m、幅 約11m

   ◇復旧内容 : 大型土のう設置 延長 約11m

   ◇復旧見込 : 復旧作業完了時刻は、改めてお知らせします。

【問い合せ先】   

  国土交通省 九州地方整備局 長崎河川国道事務所 災害対策支部

   電 話:095-839-9211  (内線 532)     

    技術副所長      沓掛(くつかけ) (たかし)

    道路管理第二課長    溝口(みぞぐち) 正二郎(せいじろう

)

 記者発表資料

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 長崎河川国道事務所.All Rights Reserved.