事業案内

よくある質問

Q1.内水災害って何?

A1.水門を閉めることによって、支流(小さな川)の水が本川(大きな川)に流れ込めなくなり、家屋が浸水することです。

 

水害というと一般的には堤防から水があふれる洪水(専門的には外水と呼んでいます)をイメージされる方が多いと思いますが、内水は洪水が堤防から直接あふれるのではなく、「本流の堤防の中の水位」と「本流に流れ込む支川(以下、支流)の水位」が逆転するために起こる現象です。

普段の水の流れ
洪水時の流れ
普段支流の水は本流に向かって流れ込みます。
しかし、本流の水が増えて水位が上がると水位の高さが逆転し、本流の水が支流に向かって逆流します。
そのため、水門を閉めて逆流を防ぎますが、支流の水は行き場を失うので、より低い場所を求めて流れていきます。

Q2.内水災害を防ぐ方法はあるの?

A2.土地の形状や川の大きさ、雨の降り方などによって違いますが、その地域にあった方法を見つけることが重要です。

 

内水による被害を防ぐには、いろいろな方法があります。
 (A)ポンプによって強制的に支流の水を本流にくみ上げる方法が有名ですが、土地の形状や川の大きさ、雨の降り方などによって、ポンプでは浸水を防げないこともあります。
 このため(B)支流の堤防を高くしてあふれないようにしたり、(C)一時的に水をためる場所をつくったりします。さらにこれらの方法を組み合わせるなど、その地域にあった方法を見つけることが最も重要になります。

Q3.河道掘削ってどんなことをするの?

A3.川の中の土を掘って、より多くの水を流せるようにします。

 

川の土を掘って川の断面積を増やせばそれだけ多くの水を流すことができます。そうすれば、川の土を掘る前よりも川の水位が下がり、より安全な川になります。

Q4.堤内地って何?

A4.堤防によって守られている土地のことを堤内地と言います。

Q5.河川改修事業でなぜ橋の架け替えをするの?

A5.川の水を流れやすくするためです。

 径間(橋の橋脚と橋脚の間隔)が狭い橋(図①)は、水害の時には流木などが橋脚と橋脚の間に横たわるようにして引っかかり、川の水の流れを妨げてしまいます。
 そのため、川の水が下流に流れず。水が嵩上げされ水位が上がり、堤防を越えて住居などのある堤内地に流れ込んでしまいます。(図②)
 もし、堤防を水が越える状態が長く続くと堤防が決壊してしまい、甚大な被害が生じてしまいます。
 一方、径間の広い橋(図③)だと流木などが引っかかりにくくなり、川の水の流れがスムーズになります。そのため、水も嵩上げされることなく、下流へ流れていきます。(図④)
 このように、川の流れの阻害要因を無くし川の流れを良くするために、橋の架け替えを行います。

Q6.樋門・樋管って何?

A6.堤防を通っている水路の水を調整する施設です。

 川をよく見てみると右写真のような施設があると思います。これは排水樋管と呼ばれる施設で、門を開け閉めすることによって川に流れ込んでくる水の量を調節しています。同じ目的の施設で排水樋門と呼ばれる施設があります。
 樋管と樋門の違いは、施設が比較的大きなものを排水樋門、小さなものを排水樋管と呼んでいますが、大きさの明確な基準はありません。
学頭排水樋管


PageTop