河川学習プログラム

遠賀川の歴史や文化

名前の由来と移り変わり

名前の由来

いつのころからはっきりと遠賀川と呼ばれるようになったかは不明ですが、石炭の輸送が盛んになった明治20年代 後半ではないかと考えられています。それ以前の古い記録には、「直方川」とはあっても、「遠賀川」との記述はなく、明治5~6年頃に編纂された「福岡県地 理全誌」にも「遠賀川」の名前は見られません。
明治20年の地図には、「嘉麻川」と表示されています。それが遠賀川と呼ばれるようになったのは、下流にある「遠賀郡」からとられたのではないかと思われます。
現在の河口一帯は、「古事記」の時代には「岡」と呼ばれ、これを「遠賀」と改め、「オンガ」と読まれるようになったようです。

移り変わり

 遠賀川(おんががわ)は、(ふる)丘陵地(きゅうりょうち)である『岡縣(おかのあがた)』という地域名(ちいきめい)から()づけられました。そして、その流域(りゅういき)肥沃(ひよく)土壌(どじょう)(ゆた)かな水量(すいりょう)(もと)に、(ふる)くから人々(ひとびと)生活(せいかつ)()となっていました。

遠賀川のなりたち

 遠賀川(おんががわ)は、(やく)100万年前(まんねんまえ)流域(りゅういき)丘陵地(きゅうりょうち)(たに)発達(はったつ)し、その低地(ていち)(やく)万年前(まんねんまえ)氷河期(ひょうがき)()わりの海面(かいめん)上昇(じょうしょう)によって海水(かいすい)流入(りゅうにゅう)、2000(ねん)~3000年前(ねんまえ)までは、河口(かこう)から直方市(のおがたし)頓野(とんの)あたりまでが奥深(おくぶか)(わん)であったようです。

 その()上流(じょうりゅう)から(なが)れこんだ土砂(どしゃ)堆積(たいせき)し、入江(いりえ)海岸平野(かいがんへいや)となっていきました。平野(へいや)(なか)(なが)れていた遠賀川(おんががわ)は、()えず上流(じょうりゅう)から土砂(どしゃ)(はこ)び、また大洪水(だいこうずい)のたびに(なが)れを()えながら、変化(へんか)成長(せいちょう)(つづ)今日(こんにち)姿(すがた)となっています。

(かわ) がつくる 地形(ちけい)(うつ)() わり

川がつくる地形の移り変わり

1.原平原(げんへいげん)
地形(ちけい)は、なだらかで(かわ)もまだ(あさ)い。

川がつくる地形の移り変わり

2.幼年期(ようねんき)
土地(とち)()()がり、(かわ)土地(とち)(けず)(はじ)める。

川がつくる地形の移り変わり

3.壮年期(そうねんき)
土地(とち)()()がり(つづ)け、(かわ)土地(とち)(けず)()む。(やま)尾根(おね)はするどくなり、(たに)(ふか)くなる。

川がつくる地形の移り変わり

4.老年期(ろうねんき)
土地(とち)()()がりは、(おさ)まるが、(かわ)土地(とち)(けず)(つづ)けていく。(たに)(ひろ)くなり、尾根(おね)(まる)くなる。

川がつくる地形の移り変わり

5.準平原(じゅんへいげん)
谷幅(たにはば)(ひろ)がって、土地(とち)は、なだらかになる。(かわ)はゆるやかになり、蛇行(だこう)(はじ)める。

遠賀川と炭鉱

 (ふる)くは、「筑紫国続風土記( ちくしこくぞくふどき)」にも()(いし)あるいは焚石(たきいし)として(しる)されている石炭(せきたん)は、江戸期(えどき)には家庭用(かていよう)燃料(ねんりょう)から塩田用(えんでんよう)燃料(ねんりょう)などに(もち)いられ、(はん)専売品(せんばいひん)として藩外 (はんがい)にも()られていました。

 明治期(めいじき)にはいると、新政府(しんせいふ)方針(ほうしん)自由(じゆう)採掘(さいくつ)ができるようになり、中央(ちゅうおう)資本(しほん)から地元(じもと)企業(きぎょう)までが石炭(せきたん)事業(じぎょう)本格的(ほんかくてき)にのりだしました。

 この(あと)遠賀川(おんががわ)流域(りゅういき)炭鉱部(たんこうぶ)明治(めいじ)大正(たいしょう)昭和(しょうわ)日本(にほん)産業(さんぎょう)(ささ)(つづ)け、(とく)第二次(だいにじ)世界(せかい)大戦後(たいせんご)日本(にほん)復興(ふっこう)には(おお)きく貢献(こうけん)しました。

炭鉱

遠賀川の言い伝え

川の殿

むかしからおんががわのまわりで
かっぱは「カワントン」とか
「カワノトノ」とよばれていたんだよ!

おんががわのまわりには
おいらにまつわるまつりやはなしが
たくさんあるよ!
かわのとの

言い伝えの紹介

水神祭 山の神・川の神
カッパの駒引きとわび証文 かっぱの人助け・恩返し
カッパと相撲 カッパの骨つぎ
平家伝説 人柱伝承
ナマズの話 一くわ掘り


PageTop