生態系ネットワークの形成

生態系ネットワークの形成

生態系ネットワークの形成

生態系ネットワークとは

 生物が生息・生育する様々な空間(森林、農地、都市内緑地・水辺、河川、海、湿地・湿原・干潟・藻場・サンゴ礁等)がつながるネットワークのことです。
 生態系ネットワークの概念は、「21世紀の国土のグランドデザイン(平成10年3月)」において、国土規模での生態系ネットワーク形成を目指すことが位置づけられ、「生物多様性国家戦略2012-2020(平成24年9月)」や「国土形成計画(全国計画)」平成27年8月」では、生態系ネットワーク形成の重要性や関係機関による連携の促進が掲げられています。

目的

 遠賀川河川事務所では、これまで河川における生物の生息・生育環境や自然再生等の河川を中心とした生態系ネットワークに努めてきましたが、今後は、流域全体を俯瞰した生態系ネットワークの形成にむけた取組を実施していきます。

遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会

 本委員会は、遠賀川流域の生態系ネットワークの将来像とその実現に向けた具体的な方策を検討するため設置しました。
 計5回の委員会を開催し、第1回から第4回では、遠賀川流域における現状と課題などを抽出し、目指すべき基本的な考え方や目標等の検討を行い、第5回において、遠賀川を基軸とした生態系ネットワーク形成の促進を図っていく上で、進むべき方向等を示した提案書をとりまとめました。

生態系ネットワーク形成(概要表) 生態系ネットワーク形成委員会資料(概要図)
遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会 会議資料

平成29年8月18日 「第5回 遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会」

今後の進め方

 本委員会の提案を踏まえ、河川管理者、自治体等が一緒になって取り組んでいくために、新たな推進協議会を立ち上げ、取組方針をとりまとめていく予定です。


PageTop