事業案内

遠賀川流域生態系ネットワーク形成

遠賀川流域生態系ネットワーク形成

生態系ネットワークとは

 生物が生息・生育する様々な空間(森林、農地、都市内緑地・水辺、河川、海、湿地・湿原・干潟・藻場・サンゴ礁等)がつながるネットワークのことです。
 生態系ネットワークの概念は、「21世紀の国土のグランドデザイン(平成10年3月)」において、国土規模での生態系ネットワーク形成を目指すことが位置づけられ、「生物多様性国家戦略2012-2020(平成24年9月)」や「国土形成計画(全国計画)」平成27年8月」では、生態系ネットワーク形成の重要性や関係機関による連携の促進が掲げられています。

目的

 遠賀川河川事務所では、これまで河川における生物の生息・生育環境や自然再生等の河川を中心とした生態系ネットワークに努めてきましたが、今後は、流域全体を俯瞰した生態系ネットワークの形成にむけた取組を実施していきます。

遠賀川流域における生態系ネットワーク形成に向けた取組

 遠賀川流域では、これまで流域の各地で森林保全や河川の自然再生、環境学習などの取組が個々に行われてきていますが、流域レベルで生態系ネットワーク形成を促進するためには、各主体が共通の目標を持ち、連携と協働により取り組んでいくことが必要となります。
 このような背景のもと、遠賀川を基軸とした生態系ネットワーク形成の促進を図っていく上で、進むべき方向を示すために遠賀川河川事務所では、学識者からなる『遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会』を設置し検討を重ね、平成29年8月に「遠賀川における生態系ネットワーク形成の促進に向けて(提言)」をとりまとめました。
 この提言を踏まえて遠賀川流域における多様な生物の生息・生育環境を保全・再生する取組を実践していくため、国土交通省、環境省、福岡県、流域内の7市13町1村(21市町村)からなる『遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会』を組織し、目標を共有しながら関係機関等が一体となって取り組んでいきます。

生態系ネットワーク形成フロー図 詳細 提言詳細 協議会詳細 協議会詳細
生態系ネットワーク形成(概要表) 生態系ネットワーク形成イメージ図
遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会
遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会

 本委員会は、遠賀川流域の生態系ネットワークの将来像とその実現に向けた具体的な方策を検討するため設置しました。
 計5回の委員会を開催し、第1回から第4回では、遠賀川流域における現状と課題などを抽出し、目指すべき基本的な考え方や目標等の検討を行い、第5回において、遠賀川を基軸とした生態系ネットワーク形成の促進を図っていく上で、進むべき方向等を示した提案書をとりまとめました。

生態系ネットワーク検討委員会の経緯

➣遠賀川流域における生態系ネットワーク形成の促進に向けて
 (提言)

遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会 会議資料

平成29年8月18日 「第5回 遠賀川流域生態系ネットワーク検討委員会」

遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会
遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会

 本協議会は、遠賀川流域における多様な生物の生息・生育環境を保全・再生する取組を実践していくために設置しました。
 第1回では、流域共通の目標とする遠賀川流域における生態系ネットワーク形成のための取組方針を策定し、関係機関等で情報共有を図りながら、連携・協働のもと取り組んでいくことが合意されました。

 今後は、より実行性を高めるために、実務担当者による『作業部会』を設け、深い議論や検討、調整を行える体制を確保しながら進めていきます。

➣遠賀川流域における生態系ネットワーク形成のための
 取組方針

遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会 会議資料等

平成30年8月1日 「第1回 遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会」

準備会

 本協議会を設置するにあたり、実務担当者による『準備会』で開催し、取組方針等の検討、調整を行いました。

第2回準備会

 <開催日>
 平成30年6月27日
 <議事内容>
 1)準備会の概要
 2)規約(案)及び遠賀川流域の取組方針(案)について
 3)今後のスケジュール・進め方について
 4)流域における連携・協働の意見交換

06.27_第2回準備会

第1回準備会

 <開催日>
 平成30年2月26日
 <議事内容>
 1)協議会の設立・規約(案)について
 2)遠賀川流域における生態系ネットワーク形成のための
   取組方針(素案)について

 3)今後のスケジュール・進め方について

02.26_第1回準備会


PageTop