遠賀川のすがた

遠賀川河口堰

遠賀川河口堰のはたらきについて

 このような目的で遠賀川の川の流れを調節しています。

 水を治めるとかいて治水といいます。
 大雨が降って洪水となったときでも、私たちの生命や財産を守ることです。大雨が降ったら、遠賀川河口堰では、ゲート(水門)を開けて、洪水を安全に海に流します。

 川の水を使用することを利水といいます。
 遠賀川河口堰では、ゲート(水門)を閉めて川の流れを堰き止め、取水場から水を汲み取っています。
 その水は、北九州市や周辺に住む皆さんの家庭の水道水や、農業用水、その他工場などにたくさん使われています。

 海の水は、1日に2回起きる潮の満ち引きにより、川を上流へとさかのぼってきます。
 この海の水と川の水が混ざってしまうと、農業用水として田んぼなどで使うことができません。
 そこで、遠賀川河口堰では、海の水が遠賀川河口堰よりも上流にのぼって行かないよう、ゲート(水門)を閉じます。
 だから川の真水を使うことができるのです。

遠賀川河口堰のしくみについて

 こんなしくみで遠賀川の川の流れを調節しています。

遠賀川河口堰の大きさは?

 大きいなぁ!遠賀川河口堰。
 ここで堰き止められ、貯められた遠賀川の水が飲み水などに使われています。

遠賀川河口堰フォローアップ資料

 ダム等管理フォローアップ制度は、管理段階におけるダム等において、ゲート操作実績、環境への影響等の調査を行い、その調査結果の分析と評価を客観的、科学的に行うため、フォローアップ委員会の意見をいただき、遠賀川河口堰の管理の効率性及びその実施過程の透明性の一層の向上を図ることを目的としています。

その他資料等

アクセスマップ


PageTop