本明川ダムのあゆみ

本明川ダム事業の経緯

平成29年 2月 損失補償基準協定書の調印
平成28年 3月 「本明川水系河川整備計画(変更)」の策定
平成28年 3月 水源地域対策特別措置法に基づくダム指定
平成26年 7月 用地調査等に着手
平成26年 5月 長崎県条例に基づく環境影響評価書の公告及び縦覧 
平成25年 8月 事業継続の決定
平成21年12月 検証の対象とするダム事業に選定
平成17年 3月 「本明川水系河川整備計画」の策定
平成12年12月 「本明川水系河川整備基本方針」の策定 
平成 6年 4月 本明川ダム建設事業に着手
平成 3年 工事実施基本計画改定(裏山 1,070㎥/s) 
平成 2年 4月 本明川ダム実施計画調査に着手
昭和58年 4月 本明川ダム予備調査に着手 
昭和33年  本明川が国の管理となる
昭和32年 7月  諫早大水害(死者・行方不明者630人
  ※森山町、高来町、小長井町を含めた現諫早市での人数

         

本明川ダムのあゆみ

      平成29年2月
    損失補償基準協定書の調印

これまでの記者発表(本明川ダム関係)

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

 進捗状況

平成28年度の実施内容

工事用道路、付替道路の予備設計を基に用地幅杭を設置しました。

 ※用地幅杭
                            道路を設置するにあたり、用地の範囲
                           を示すため、道路沿いに打つ杭

 

工事用道路、付替道路及び集団代替地の用地調査等を行っています。

 

 

ダム建設により影響を受ける魚類等の移植に関する調査を行っています。

 

 

ダム建設により影響を受ける用水施設の付替検討に必要な調査を行っています。

 

 

ダムの止水計画検討に必要な調査を行っています。

 

 

これからの進め方

ふるさと諫早市の安心・安全な暮らしをめざして、事業実施にあたっては次の3点に留意してまいります。皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
・水没地域の方々へ、十分な説明と心のこもった対応
・受益地である下流地域の方々へ、わかりやすい事業説明
・事業実施にあたって、環境への影響をできるだけ低減する工夫

これまでに行ってきたこと(平成27年以前)

 平成27年度の実施内容

 平成26年度の実施内容

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 長崎河川国道事務所.All Rights Reserved.