平成29年度 八代河川国道事務所基本方針

 八代河川国道事務所が所在する熊本県南部は海や山に囲まれた自然豊かな土地である一方で、梅雨期をはじめ水害常襲地帯であり、自然災害への備えが必要不可欠な地域です。
 このような熊本県南部に住む住民の皆さんにとって、日々の生活と将来へ向けての発展の基盤となるのが河川や道路といった社会資本の整備です。
 社会資本の整備・管理に従事する者は、時には優れた判断力を有する技術者として先導的な役割を果たし、また時には住民の皆さんや基礎自治体の課題解決に向けた相談に乗り、また願いを実現するための良きパートナーとなるべきであると私たちは考えています。
 このような基本認識のもと、当事務所が所管する一級河川球磨川の河川改修・維持管理、ならびに八代市から鹿児島に至る一般国道3号自動車専用道路「南九州西回り自動車道」の整備にあたり、以下に示しております5つの基本方針を掲げ業務を行います。

 

 

 

※ 画像をクリックすると拡大表示します。

  1.未来へと、ふれあいひろげる道路整備
  2.くらしと命を守る治水事業の推進
  3.防災・減災のための迅速かつ的確な情報提供
  4.自然や歴史文化を踏まえたうるおいある川づくり
  5.地域活性化のためのパートナーとしての支援

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.