防災時の心構え

水害のときの心構えと行動

私たち一人ひとりの水害に対する心がまえや普段の準備が何よりも重要です。

普段の心がまえ

天気予報、気象情報に注意しましょう。

台風シーズンなど、洪水が起こりやすい時期には、テレビ、ラジオの気象情報に注意し、大雨や洪水の「注意報」や「警報」、天気の移り変わりなどを聞きもらさないようにしましょう。

台風情報

 

普段から非常食の準備はお忘れなく。

調理の手間がかからず、水もあまり使わない缶詰やレトルト食品を選び、飲料水も忘れすに確保しましょう。懐中電灯や携帯ラジオも必要です。持ち出す貴重品を決めて置き場所を確認しておきましょう。

非常食

 

あなたの避難場所や避難路を知っていますか。

自分の地区の避難場所(学校等)がどこなのか、そこへ安全にいくためにはどの道をどう行けばよいか、普段から確認しておきましょう。

避難場所

 

いつも家のまわりの点検整備をしましょう。

家のまわりに吹き飛ばされそうなものはないか、屋根や雨どいは壊れていないか、家の前の排水溝は詰まっていないか、普段から確認しておきましょう。

家の点検

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.