河川管理施設の維持管理

1. 河川管理業務

一級河川球磨川水系には河川法の適用される一級河川の数は82河川あり、総延長は549.3kmあります。その内、118.3kmは国土交通省が直轄管理し、その他の区間は熊本県が管理しています。
河川管理を行うにあたっては、河川パトロールカーによる定期的な巡視を行うとともに、施設の更新・維持管理の外、河川区域内の工作物の新築等の許可、土地の占用(使用)の許可、流水の占用の許可等の河川法による許認可を行っています。
また、ゴミの不法投棄・不法係留船対策や河川事業や利活用、水質保全に関する啓発の為の広報活動を行っています。

河川パトロール車にて巡視点検を行います。 ゴミの不法投棄対策のため監視カメラを設置
いざという時のため、根固ブロックなどの水防資材を備蓄しています。 河川銘板等の看板類は適正に管理します。
河川内の不法係留船の合法化及び撤去に取り組みます。 良好な球磨川の水質を保全するために関係機関と連携し、水質保全に取り組みます。(写真は水質事故対策講習会風景)
緊急的に内水被害を軽減するためにポンプ車を配備しています。 いざという時に慌てないため訓練を実施しています。

 

2. 河川管理施設の維持修繕

直轄管理区間の河川管理施設(堤防・護岸・球磨川堰・新前川堰・九日町(ここのかまち)排水機場及び94箇所の排水樋管等)の機能が十分発揮されるよう河川巡視を行うとともに、堤防除草、堤防点検、各施設の保守・点検を実施します。
また、巡視、点検によって明らかとなった堤防・護岸・根固や各施設の老朽・損傷箇所等の補修工事を実施します。さらに、水防活動のための土砂備蓄(側帯)や管理用の堤防天端補修・標識補修等について、計画的に実施しています。
なお、排水機場及び排水樋管については、各市町村と委託契約を締結し、日常的な保守・点検、洪水時の操作を行います。

 球磨川堰

 

新前川堰

洪水になると堰の操作を行います。

球磨川堰のゲートの塗装が劣化
しているため塗り替えを行いました。

ゲート塗り替え作業中

ゲートは表面だけでなく、ゲートの内部も点検します。

堤防を適正に管理するため除草を行います。

刈り取った草を集めています。

刈り取り完了後の堤防

 

3. 直轄河川工作物関連応急対策事業

河川管理施設である排水樋管の不具合を解消し、操作員の操作環境を改善するために排水樋管のゲート開閉の電動化工事(開閉機取替・上屋設置・水位計設置・照明設備)や樋管本体のクラック(ひびわれ)補修などを実施しています。
  排水樋管のゲート開閉を動力化し、操作性を向上した事例

 

 
【改造前】小型の発動機を使って手動にてゲート開閉を行っていた。   【改造後】電動モータにより開閉が容易にできるように改造、併せて非常用発電機も設置しています。

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.