球磨川堤防の浸透・基盤漏水対策

事業目的

堤防は古くから築造されてきたもので、なかには均質性を欠く箇所も存在します。平成24年7月の九州北部豪雨において、福岡県を流れる矢部川では基盤漏水を起因とした堤防決壊が発生しました。この災害を受け、球磨川においても同様な危険箇所が存在するのか、堤防や基礎地盤の点検を行ったところ、9箇所において浸透又は基盤漏水の危険性がある箇所と判明しました。今後、これらの箇所の堤防の浸透及び基盤漏水対策を進めて参ります。

位置図

位置図

矢部川

平成24年7月九州北部豪雨により決壊した堤防

(福岡県柳川市矢部川)


河川水の浸透による堤防決壊のメカニズム

河川水の浸透による堤防決壊のメカニズム


河川堤防の浸透に対する対策工法の事例

河川堤防の浸透に対する対策工法の事例


基盤漏水に対する対策工法の事例

基盤漏水に対する対策工法の事例

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.