南九州西回り自動車道 湯浦トンネル(仮称)が貫通しました。

南九州西回り自動車道の芦北出水道路で建設中の湯浦トンネル(仮称)が平成26年2月1日(土)に貫通しました。
南九州西回り自動車道は八代市を起点とし、水俣市・薩摩川内市等を経由して鹿児島市に至る延長約140kmの自動車専用道路です。
現在、八代JCT~芦北ICまで供用中であり、芦北IC~津奈木IC(仮称)間について平成27年度内の供用を目指して事業を行っているところです。
湯浦トンネル(仮称)は、当事務所が建設を行う芦北出水道路の中で、芦北ICから津奈木IC(仮称)に向けて最初に通過するトンネルです。
H24年9月に掘削を開始し、無事1,166メートルの貫通にたどり着きました。
芦北ICから津奈木IC(仮称)は、本トンネルの貫通により27年度供用に向けて大きく前進します。
 

湯浦トンネル工事の概要
 工 事 名 熊本3号湯浦トンネル新設工事
 場   所 芦北町花岡地先 ~ 芦北町湯浦地先
 延   長 L=1,166m
 工   期 平成24年1月28日~平成26年3月31日
 施 工 者 株式会社 大林組

 

南九州西回り自動車道の概要について

芦北出水道路について

熊本3号 湯浦トンネル新設工事 概要

 

熊本3号 湯浦トンネル新設工事 貫通状況写真

①掘削開始 ②貫通の瞬間

③貫通後

④津奈木町側坑口から地域の方々も見学

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.