球磨川堤防の耐震対策

事業目的

平成23年3月11日の東日本大震災において、液状化による河川堤防の沈下等により被害が発生しました。この被害を受け、球磨川においても地震後の液状化による堤防の沈下により浸水被害が発生するおそれのある地域がないか点検を実施したところ、八代市鼠蔵地区及び水島地区が危険な箇所であると判明したところです。今後、この2地区の堤防の耐震対策を進めて参ります。

位置図

位置図

 

宮城県大崎市江合川

東日本大震災により亀裂や沈下が生じた堤防

(宮城県大崎市江合川)

河川堤防耐震対策緊急検討委員会報告書より抜粋

耐震対策必要箇所

耐震対策必要箇所

平成25年3月末時点の点検結果であり、
今後の詳細な設計等により変更の可能性があります。

耐震対策イメージ(鼠蔵地区)

耐震対策イメージ

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所.All Rights Reserved.