緑川の歴史

緑川の概要 |  緑川の特性 |  緑川の歴史 |  緑川の過去の水害 |  緑川の川づくりの取組み | 緑川の地域連携 |  緑川の河川整備基本方針・河川整備計画 |  緑川の航空写真 |  水生生物調査(共通)その他の会議

明治以前の治水史

藩政時代の治水事業

緑川水系における治水事業の歴史は古く、加藤清正が天正16年(1588年)に肥後北半国の領主として入国以降、本格的に始められたとされ、熊本城下を洪水等から守るため、加勢川右岸に清正堤(きよまさてい)、緑川右岸に大名塘(だいみょうども)と呼ばれる堤防の構築や、御船川の流路の付け替え等を実施しました。さらに、轡塘(くつわども)により河川の合流点の堤防間(高水敷)を広くとり水勢を弱めて洪水をゆるやかに流すための工夫も凝らしています。

図1.2.1 藩政時代の改修概要図
図1.2.1 藩政時代の改修概要図
  写真1.2.1 桑鶴の轡塘
写真1.2.1 桑鶴の轡塘

近代治水事業の始まり

大正から終戦までの治水事業

緑川水系の近代における治水事業は、大正元年の大洪水をはじめ水害がしばしば発生したことを契機に、大正14年から内務省による直轄事業として第一期改修工事に着手しました。御船川合流点から河口までの区間について、堤防の新設及び掘削を行ったほか、嘉永新川の拡幅及び背割堤による加勢川下流部と緑川との分離工事等を実施して昭和17年に竣工しています。

図1.2.2 緑川第一期改修概要図 杉島堰(上杉堰) 加勢川水門 六間用水堰 中無田閘門 浜戸川堰(硴江堰)
図1.2.1 藩政時代の改修概要図

A~Fをクリックすると施設の画像が表示されます。

  写真1.2.2 嘉永新川の拡幅
写真1.2.2 嘉永新川の拡幅

戦後の治水事業

昭和17年の第一期改修工事完了後、昭和18年9月洪水等に鑑み、昭和37年から再び直轄事業として蓍町(めどまち)橋地点(現在の城南地点)の計画高水流量を3,650m3/sとし、甲佐町から御船川合流点までの区間及び御船川を事業区域に加え、第二期改修工事に着手しました。当計画は、昭和39年の新河川法施行に伴い、昭和41年に策定された工事実施基本計画に引き継がれ、この計画に基づいて、緑川ダム(多目的ダム)の建設や、堤防整備及び護岸の設置等を実施してきました。
さらに、昭和47年、昭和57年の洪水を契機として浜戸川では堤防の新設等を行うとともに、硴江(かきのえ)堰特定構造物改築事業を実施しています。

写真1.2.3 緑川ダム
写真1.2.3 緑川ダム
  写真1.2.4 硴江堰(浜戸川)
写真1.2.4 硴江堰(浜戸川)

近年の治水事業

昭和63年5月の洪水の発生、並びに流域の社会的、経済的発展に鑑み、既定の工事実施基本計画を平成元年に改定しました。当計画では基準地点を城南とし、同地点における基本高水のピーク流量を5,300m3/s、このうち、流域内の洪水調節施設により1,100m3/sを調節し、計画高水流量を4,200m3/sとしました。
以降、この計画に基づき緑川下流部において内水対策のための内田川排水機場の新設、中流部においては堤防の新設及び拡幅等を実施しています。また、御船川においては御船川激甚災害対策特別緊急事業により堤防の新設及び河道の掘削等を実施しており、加勢川では加勢川特別緊急対策事業として堤防の新設、捷水路の開削、排水機場の新設と併せて六間堰特定構造物改築事業として六間堰の改築等を実施しています。

御船川激甚災害対策特別緊急事業

<改修前> 昭和62年撮影

<改修後> 平成8年撮影

加勢川特別緊急対策事業

<改修前> 昭和62年撮影

<改修後> 平成11年撮影

 六間堰特定構造物改築事業

<改修前> 昭和52年撮影

<改修後> 平成14年撮影

詳しくはこちらから

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2001-2014 熊本河川国道事務所.All Rights Reserved.