白川の河川整備基本方針・河川整備計画

白川の概要 |  白川の特性 |  白川の歴史 |  白川の過去の水害 |  白川の川づくりの取組み |  白川の地域連携 |  白川の河川整備基本方針・河川整備計画 |  白川の航空写真 | 水生生物調査(共通) |  その他の会議

白川水系河川整備基本方針(平成12年12月策定)

白川計画高水流量図白川水系河川整備基本方針は、昭和28年6月洪水等の既往洪水を踏まえ、計画を策定しています。
具体的には、洪水ピーク流量を基準地点「代継橋」地点で3,400m3/sとし、そのうち流域内の洪水調節施設により400m3/sを調節して、河道の配分流量を3,000 m3/sとします。
昭和28年6月洪水に相当する洪水規模を目標にしています。
150年に1回発生する確率規模の洪水)

白川水系河川整備計画(平成14年7月策定)

白川整備計画流量図白川水系河川整備計画は、白川水系河川整備基本方針を基に、今後20~30年で実施する整備目標を定めたものです。具体的には、洪水ピーク流量を基準地点「代継橋」地点で2,300 m3/sとし、そのうち流域内の洪水調節施設により300 m3/s調節して、河道の配分流量を2,000 m3/sとします。
昭和55年8月、平成2年7月洪水に相当する洪水規模を目標にしています。
20〜30年に1回発生する確率規模の洪水)

望ましい白川の姿を求めて

 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2001-2014 熊本河川国道事務所.All Rights Reserved.