昭和63年5月3日

緑川の概要 |  緑川の特性 |  緑川の歴史 |  緑川の過去の水害 |  緑川の川づくりの取組み | 緑川の地域連携 |  緑川の河川整備基本方針・河川整備計画 |  緑川の航空写真 |  水生生物調査(共通)

昭和63年5月3日、昼頃から4日未明にかけて熊本県中部は温暖前線の影響で雷を伴った集中豪雨となり、緑川支川・御船川は、計画高水位を上回る異常出水に見舞われました。

御船川流域の島木雨量観測所において、時間雨量94ミリ、総雨量475ミリを記録する降雨量となりました。このため5月3日20時過ぎには御船観測所では計画高水位の4.66mを突破、御船町では氾濫が始り、21時には最高水位6.49mを記録、22時には堤防が約30mにわたり越水破堤しました。

死者:2名、家屋全半壊:32戸、床上浸水:638戸、床下浸水:521戸

御船町
御船町
御船町
御船町
御船町
御船町
御船町
御船町
御船町
御船町
水位グラフ
水位グラフ
雨量グラフ
雨量グラフ

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2001-2014 熊本河川国道事務所.All Rights Reserved.