捷水路建設

捷水路(ショートカット)の建設

加勢川は、川幅が狭いうえに蛇行をしていたことが、洪水の原因の一つとなっていました。

そのため、昭和45年から平成11年にかけて蛇行が急な4箇所に捷水路(ショートカット)を建設し、流下能力を約300立方メートル毎秒から約700立方メートル毎秒に引き上げました。

図 捷水路の位置図

捷水路建設前(昭和63年)

捷水路建設後(平成11年)


 

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2019 熊本河川国道事務所.All Rights Reserved.