川尻地区築堤・護岸改修

加勢川右岸の川尻地区は、細川藩政時代から物資の積み出し河港として栄え、現在も船着場跡等が護岸として残っていますが、老朽化・洗堀等が進んでおり改修が必要となっています。

ページの先頭へ戻る

Copyright (c) 2019 熊本河川国道事務所.All Rights Reserved.