職員の新型コロナウイルス感染について

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア

 5月12日(水)、九州地方整備局(福岡市)に勤務する職員1名(30代、福岡市在住)が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
 当該職員は、濃厚接触者に特定され、5月12日(水)に抗原検査を受け陽性が判明したもので、現在自宅において療養中です。
 なお、当該職員については、5月7日(金)に他の行政機関との打合せを行った事実が確認されたため、当該行政機関に対して連絡を行い注意喚起したところです。
 今後については、保健所の指導を受けながら、濃厚接触者の特定や感染拡大防止などに努めるとともに引き続き勤務する者の健康に注意を払ってまいります。
 九州地方整備局は、職場に出入りされる方や勤務する職員の安全確保を最優先に、引き続き、保健所の指導の下に適切に対処していく所存でございますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 添付資料

 記者発表資料【PDF】

問い合わせ先

 国土交通省 九州地方整備局 広報広聴対策官 山田 浩徳(内線:2117)
               総務部 厚生課長 西 渉 (内線:2551)
               代 表   092?471?6331
               直 通   092?476?3506
               FAX 092?476?3457

カテゴリーメニュー

メインメニュー

ページのトップへ