治水・砂防

Facebookでシェア
twitterでシェア
LINEでシェア
災害対応 道路 河川 治水・砂防
港湾・空港 都市建築 都市 事業の流れ

治水・砂防

地域を守る一員となる

これまで幾度となく発生した洪水被害や渇水被害から地域を守りたい。
大分川上流で建設が進む大分川ダムは、ダム本体が立ち上がり、平成30年2月から本格運用に備えた試験湛水が開始。
ダム完成に向け、監視や周辺整備を進める。

治山治水

大分川ダム(大分川ダム工事事務所)

下流へ安全に洪水を流すため、川幅を広げ、新たに堤防を構築。
地域の安全・安心な生活を守る河川改修に取り組む。

 

川内川(川内川河川事務所)

平成2年11月、198年ぶりに雲仙普賢岳が噴火。
平成3年6月3日の大火砕流では43名の人命が奪われた。
噴火災害から人命や地域の財産を守り、地域と協働で災害伝承に努める。

 

雲仙普賢岳

(雲仙復興事務所)

爆発的噴火を繰り返す桜島。
連続的に発生する土石流。
国の砂防技術が地域の生活を守る。

 

桜島有村砂防堰堤

(大隅河川国道事務所)

 

災害対応 道路 河川 治水・砂防
港湾・空港 都市建築 都市 事業の流れ

ページのトップへ